PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ランキング参加中です

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
応援クリックしていただけると嬉しいです

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

短篇小説 少年 2-5

画像 5048


僕は、毎週土、日曜日と野球をやっている

僕の入っているクラブの監督は、レイバンとか言うブランドのサングラスをかけていて

見た目は、すごく恐そうなんだけど・・・

実のところも、僕たちの親も監督を最初は恐れていました

監督は、父兄に「仕事のある方は、来てもらわなくていいですよ、負担になることをして貰わなくて構いません」

僕の母は、土、日とも仕事を持つためにクラブに入る時にとても悩んでいました

だけど監督の言葉で、母は救われたと言っていた

監督は、野球ばかりではつまらないだろうと、夏休みには川のある風景の場所で

監督、コーチが岩を積んでくれてその中に岩魚を放して岩魚のつかみ取りをさせてくれた

捕まえた岩魚を監督自ら捌いて、塩焼きをする

もう、この味は、今まで生きてきて初めての味でした  「うまかった」

秋には芋煮会と、僕たちに自然の中で遊ぶ楽しさを教えてくれます

僕たちのチームは全員、そして親たちも監督の素晴らしさに引かれていきました



監督は、僕たちをすべて使う、全員野球を心がけてくれている

「こらー声をだして取らんか」

監督の声が聞こえると、チーム全員に一斉に緊張が走る


そんな監督ですが、動物をとても可愛がる人です

グランドに捨てられていた、子猫を「可哀想に」と言って家に連れて帰り飼われた

僕は、そんな監督を見習いたいと思うんだ

今日、僕の家にも捨てられた子猫が来る

僕は、子猫を捨てた人に怒りを覚える

かけがえのない命を大切にする人間に、僕はなりたい

もう、子猫は家に来たかな・・・



ランキング参加中です

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
応援クリックしていただけると嬉しいです

| 小説 | 07:41 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

いつもありがとうございます。

一度飼うと決めたら
最後まで最後の日まで
責任を持って欲しいですよね。
同じ命なのだから。

| ポチ | 2010/05/17 13:58 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://koharutei.blog54.fc2.com/tb.php/651-4e87e491

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。